著者情報

アキヅキイチカ

秋月一花

岩手県在住。とっても田舎。2022年に「そんなに嫌いなら、私は消えることを選びます。」が書籍化。趣味は読書、小説を書くこと、ゲーム、ドライブなど。天気の良い日のドライブは最高です!

レジーナブックス執筆作品

そんなに嫌いなら、私は消えることを選びます。
幼い頃に火傷痕を負ったファロン家の長女は、家族から名前を呼ばれることすらなく、子爵家の令嬢にはありえない冷遇の日々を送っていた。ある時、公爵家令息アルフレッドが気まぐれに子爵邸を訪れたことがきっかけで、彼女への虐待が公爵家に伝わり、養女として保護されることに。子爵家から完全に縁を切るという意味も込めてエリザベスという新たな名前を貰った彼女は、公爵家の面々から大切に愛されることで、心身ともに回復していく。そんな矢先、エリザベスは自身の瞳が『宝石眼』であることを知る。魔力の高さを示すその瞳は亡国の王族関係者のもの、しかしエリザベスの実の家族に王族関係者はいないはずで……!?
---
アルファポリス著者情報ページ