著者情報

リュウソウワン

龍槍 椀 

レジーナブックス執筆作品

その日の空は蒼かった
恋に溺れ、破滅の道を辿った王女エスカリーナ。処刑されて命を落としたはずだったのだが、気がつけば、再び幼少期の自分となっていた。再び同じ人生を生きるなら、もう恋なんてしない。そう決意した彼女は、人生をやり直すべく、貴族をやめて庶民を目指すことにしたけれど、生まれ持った有り余る魔力のせいでそう簡単に事は運ばず……元王女のやり直し奮闘記、開幕!
---
アルファポリス著者情報ページ