著者情報

ユキトザック

雪兎ざっく

福岡県出身。2015年より小説の執筆をはじめ、2016年に「好きなものは好きなんです!」で出版デビューに至る。ヒロインが幸せになる小説が大好き。

レジーナブックス執筆作品

Eランクの薬師1 レジーナ文庫
薬師のキャルは、冒険者の中でも最弱なEランク。仲間のために、日々、独自の薬を調合していたのだけれど……ある日、役立たずだと言われてパーティを追放されてしまった! 帰郷するにもお金が足りず、ジリ貧生活を余儀なくされる。そんな中、彼女が街で出会ったのは、死にかけている冒険者のカイド。治療を施して自作の回復薬を渡したところ、彼はその薬を大絶賛! そのままなりゆきで一緒に旅をすることになり―― 文庫だ の書き下ろし番外編も収録!
---
Eランクの薬師3
勇者パーティから追放された、薬師のキャル。ずっと落ちこぼれ扱いされてきたけれど、実は彼女の薬は超万能! それに気づいたSランク冒険者のカイドと共に、二人で数々の任務をこなしてきた。そんなある日、母エリーの遺品から貴重な魔法書が見つかる。それは二十年前、とある伯爵家から盗まれたものだった! 盗品を所持していたということで、国から追われる身となってしまったキャル。母の無実を信じる彼女は、カイドと逃亡の旅に出て――? 大人気シリーズ、ハラハラドキドキの最終巻!
---
Eランクの薬師2
Sランク冒険者のカイドとパーティを組んだ、Eランク薬師のキャル。ずっと落ちこぼれ扱いをされてきたものの、彼女の作る処方薬は超万能! その才能をカイドに認められて自信を取り戻し、王都のギルドでランクアップの試験を受けたり、薬作りに精を出したりする毎日を過ごしていた。そんなある日、キャルとカイドのもとに、とある依頼が舞い込む。それは、国の筆頭魔法使いでさえ手こずっているという超難度任務で――元・最弱薬師と最強冒険者のほのぼのファンタジー、待望の第二幕!
---
Eランクの薬師
薬師のキャルは、冒険者の中でも最弱なEランク。仲間のために、日々、独自の薬を調合していたのだけれど……ある日、役立たずだと言われてパーティを追放されてしまった! 帰郷するにもお金が足りず、ジリ貧生活を余儀なくされる。そんな中、彼女が街で出会ったのは、死にかけている冒険者のカイド。治療を施して自作の回復薬を渡したところ、彼はその薬を大絶賛! そのままなりゆきで一緒に旅をすることになり――道中、キャルの知られざる(?)チートが大開花!? 最弱薬師と最強冒険者のほのぼのファンタジー、開幕!
---
アルファポリス著者情報ページ