新刊 (文庫本)

おとぎ話は終わらない4 レジーナ文庫
異国で起きたトラブルを無事に解決し、母国ギネヴィアに帰ってきたヴィクトリア。ほっとひと息ついたのも束の間、新たな心配事が発生。なんでも今度は、ヴィクトリアを結婚相手にと狙う東の小国連合の王子さまたちがやってくるらしい。護衛騎士リージェスに恋する彼女は、穏便にお引き取り願うにはどうすればよいか、頭を悩ませていた。そんなある日、リージェスとのデート中に他国の王子さまたちにばったり遭遇してしまう。しかも、彼らはなぜかいきなり攻撃してきて、国際問題に発展!? 大陸を揺るがす大事件を乗り越え、彼女は幸せを掴めるのか? マイペース少女のドキドキ魔術ファンタジー、感動の最終巻! 文庫だけの書き下ろし番外編も収録!
定価:本体640円+税
初版発行 2019年2月 360頁 文庫判 ソフトカバー
ISBN 978-4-434-25583-0
---
異世界大家さんの下宿屋事情 レジーナ文庫
異世界に転生し、田舎町で両親の営む料理屋を手伝っているトゥトゥ。前世の料理を振る舞い、常連客の胃袋を掴んでいた。そんなある日、王都で下宿屋を営む祖母の訃報が届く。大好きだった祖母の遺言に従い、跡を継いで下宿屋の大家になることを決めたトゥトゥだったけれど――。なんとそこに住んでいたのは、みんな人外!? ヒステリックな人魚姫、鶏だけがお友達の有翼人、角の生えたイケメン吸血鬼……。一筋縄ではいかない住人達との暮らしは、トラブル連続で!? 新米大家と人外住人が織りなす、人情ファンタジー! 文庫だけの書き下ろし番外編も収録!
定価:本体640円+税
初版発行 2019年2月 360頁 文庫判 ソフトカバー
ISBN 978-4-434-25584-7
---
自称悪役令嬢な婚約者の観察記録。2 レジーナ文庫
『悪役令嬢』を自称するバーティアと婚約中の、王太子セシル。一流の悪役を目指して奮闘しつつも、ことごとく空回りする彼女をセシルは面白く観察している。ところがそのバーティアが、あからさまにセシルを避け始めた。いずれは『乙女ゲーム』のヒロインに破れ、セシルとお別れすることになる……。そう思い込んでいるバーティアは、別れが辛くならないよう、今のうちから距離を置こうとしているらしい。そんなバーティアの気持ちを知ったセシルは、鈍感すぎる彼女を囲い込むための『シナリオ』を作って――? 策士な王子が、おバカな婚約者殿を華麗に捕獲!? 異色のラブ(?)ファンタジー、堂々完結! 文庫だけの書き下ろし番外編も収録!
定価:本体640円+税
初版発行 2019年2月 352頁 文庫判 ソフトカバー
ISBN 978-4-434-25585-4
---