著者情報

タカナシカオル

小鳥遊郁

2016年2月よりWebにて小説を発表。2017年に出版デビューに至る。読書とアニメ鑑賞と食べることが趣味。

レジーナブックス執筆作品

皇太子の愛妾は城を出る
二年前、皇太子の愛妾になった男爵令嬢カスリーン。それ以来、彼女は侍女たちにいじめられ続けている。そんなカスリーンの心を支えたのは、幼い頃から夢で会っていた青年ダリー。ダリーの言葉を胸に、前向きに暮らしていたのだけど……ある日、皇太子が正妃を迎えると言い出し、カスリーンは彼との別れを決意する! そして今後のことをダリーに相談するうちに、カスリーンは彼が実在するのではないかと思い至った。しかもダリーは何か問題を抱えている様子。そこで、城を出た彼女はダリーの力になるべく行動をスタート! ところが次から次へとトラブルに巻き込まれて!?
---
アルファポリス著者情報ページ