著者情報

ヤマイシコウ

山石コウ

北海道在住。2011年より執筆活動を開始。2015年に「私がアンデッド城でコックになった理由」で出版デビュー。趣味は読書と食べ歩き。

レジーナブックス執筆作品

私がアンデッド城でコックになった理由2
異世界にトリップし、アンデッド城のコックとなったユイ。城主であるエルドレア辺境伯に気に入られ、不気味な城の一員として平和な日々を過ごしている。けれど、何やら隣の領地が攻めてくるらしく、アンデッドたちはその準備を進めていた。そこでユイも、得意の料理で彼らを元気づけることに。その矢先、辺境伯から衝撃的な一言を告げられる! 「お前は魔物の姫アリーヤの生まれ変わりかもしれない」。まさかと思うユイだったけれど、それを裏付けるように、次々と不思議なことが起きて――? 辺境伯の過去と、ユイが異世界に来た理由――。すべての謎が明らかになる、大感動の最終巻!
---
私がアンデッド城でコックになった理由
スーパーからの帰り道、異世界にトリップした小川結(ゆい)。通りかかった馬車に拾われ、怪しい城に連れて行かれると、そこはなんとアンデッド(不死者)たちの城だった! しかも、アンデッドの好物は生きた人間。結はさっそく城主のエルドレア辺境伯に食べられそうになるが……「私が、もっと美味しい料理を作ってみせます!」。とっさにそう提案すると、美食家の辺境伯は興味を示す。そして今日から毎晩彼の食事を作り、満足させることができた日は、結を食べるのを我慢すると約束してくれた。こうして、結の命がけの料理人生活が始まった――。料理好きな女子高生と個性豊かなアンデッドたちが織りなす異色のホラーファンタジー!
---
アルファポリス著者情報ページ